miminagusa.jp

2013年12月31日 (火)

キーワード2013

毎年恒例の回想です。

keyword2013

・宇奈月温泉
・ソムリエナイフ
・豆屋
・ナス・ボーズ・ドライビングシューズ
・岸壁炉ばた
・髪型と髪色
・ダイニングテーブル
・ビアサーバー
・ウミネコからカモメへ
・年末締まる

* * *

振り返ると、今年についてこう書いていた。

「次へと動き出す来年は、
「再開。そして、始めるものは臆せず始める。」
でいこうと思う。」

実際は、正直なところ、自分でなにかできた自覚がない。
でもいろんなところで、いろんな意味で、まわりの方々に助けられた。
感謝とよろこびの年だった。

さて、来年は、
やることはしっかりやる、ということに追加して。
「必要な場面はきちんと横綱相撲をする意識。」
で、いこう。
(あと、フランス語とゴルフをちゃんとやる。)

今年も色々お世話になり、ありがとうございました。
みなさま、よいお年をお迎えください。

2013年12月29日 (日)

モーターショー

初めてモーターショーなるものに行ってみた。
(2013年11月23日の話です。)

新しい車が見たかった、わけではなく、
最近よく見ているテレビ番組のトークショーが見たかったから。

bl-20131229a.jpg

これ。
(BS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴」)

日替わりのゲストに自分の愛車を振り返って語ってもらうという番組。
車への思い入れはホントに人それぞれだし、その思いを語るときの人の表情っておもしろい。
そう思いながら家族ぐるみで楽しんで見ている。

今回はライブらしく、テレビとは違ったノリの出演者のトークが聞けたりして、
混んだ中だけど楽しい時間だった。

一応、番組とゆかりのあるメーカーのドライビングシューズを履いていったのだけど、
意外とまわりの人はそういうノリではなかった感じで残念。


で。
せっかくなので、車メーカーのブースも見て、いろいろ想像を膨らませてきた。

現行車だけれど、まずベースとしてほしいのはこの車。

LS600h

Lexus LS600h。

訳あって養ったセルシオで高級セダンの良さを知ってしまった。
だからこれには乗ってみたい。
LS460ではなくてLS600h。最上位であることに意味がある。
まー、おいそれと買える価格じゃないけど。


そして、事前に見ていた写真より実物が格段にかっこよくて、びっくりしたのがLexus RC300h。

RC300h

一新されたレクサスのフロントグリルのデザインに、なんともいえぬ困った違和感を感じている中、
この車(の実物)は、はじめて、かっこいいと思えた。
見た瞬間、「もう、これ買う!」と思ったし。(価格知らないけど)


RC300h

レクサスのミドルレンジ車には、妙に高級車らしくないことがある(手抜き感が垣間見える)と感じていて
(上で最上位でなくてはいけないと書いたのもこの理由から)、
中途半端なセダンに食指が動きづらいところに、この車が妙にはまった感じ。

実際、京都までドライブすることが多いので、冬も乗るなら雪道も考慮しなくてはいけないし、
FRのスポーツクーペなんて論外に近いけど、それでもほしいと思った。それくらい衝撃的だった。

国内外あまた車メーカーあるのになぜレクサス?という話もあるけれど、
それは置いておいて。

以上、妄想の時間は終わり。

車って楽しい。

2013年12月28日 (土)

第14回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール の観戦

bl-20131218s_a_023159.jpg

ソムリエコンクールの世界大会。
3年に1度行われるこのイベント、今回のホスト国は日本。
決勝戦の会場は東京国際フォーラム。
そんな近場でやるならば行くしかない!と、仕事休んでまで観戦してきた。
今年(2013年)3月29日の話です。


決勝は、世界各地での予選を勝ち抜いた本戦出場者から、
準々決勝、準決勝を勝ち抜いて残ったファイナリスト3名の争い。
さすがにここまで来ると、皆さんカッコイイ。

ということで、競技中のシーンから、
いちばんソムリエらしいテイスティング課題に臨む姿。
カメラがしょぼくて望遠が効かなかったので、競技ステージ(競技会場として仕立てられた
模擬レストラン)と上に据えられたモニタに映された映像を一緒に写してます。


bl-20131218s_b_023188.jpg

優勝!Paolo Basso (パオロ・バッソ) 氏(スイス)

前回大会のファイナリストでもあり、次こそはこの人だろうと思われてた選手。
競技としてのパフォーマンスのすごさ、オーラは観客席から見ていても圧巻だった。


bl-20131218s_c_023177.jpg

2位 Véronique Rivest (ヴェロニク・リヴェスト) 氏(カナダ!)

初の女性ファイナリストだとか。かくもソムリエとは男性文化らしい。
優勝のパオロが勝者のオーラならば彼女からはチャーミングな明るさが観客席まで伝わってきた。

大会前は休職していたそうだが、カナダ・ケベックのレストランでサービスしているらしい。
ケベックでこんなサービスしてくれるレストランがあるなら、ぜひ行ってみたい。
野生のアザラシ(たとえばこの子)がいるのもケベック州。イメージのギャップが・・・・。


bl-20131218s_d_0230172.jpg

3位 Aristide Spies (アリスティード・スピーズ) 氏 (ベルギー)

前評判の有力者が脱落していく中、ファイナリストに残った若手としてサプライズだったらしい。
風貌からして、さわやか好青年である。競技中も終始そういう雰囲気。
ソムリエの重鎮たちに不足しがちな「さわやかさ」をステージ上で表現しちゃったすごいヤツ、
そんな感じだった。次回が楽しみ。


bl-20131218s_e_k105.jpg

優勝発表。パオロ氏と娘さん。


bl-20131218s_f_023180.jpg

競技中のワンシーン。モニターに映る2人に注目。
左は競技中の今回優勝者パオロ氏。
右で冊子を持っているのは競技課題を読み上げるジェラール・バッセ氏。

この2人は共に、前回大会のファイナリスト。
前回の優勝者のジェラール・バッセ氏が、今回は審査官なのだ。

優勝か、2位以下か。
前回大会以降、パオロ氏の3年間はどんなものだったのだろうかと考えてしまうシーンだった。

* * *

コンクールは、その名前の通り、基本的にはシビアな採点競技。
競技開始時に初めて知らされる問題に、選手達が答えていくという形式なので、
選手達がどのようにそれを「攻略」するのかが見ていておもしろいところ。

たとえば、シャンパーニュをサービスする競技でのパオロ氏。
制限時間が極端に短く設定されていることを捉えて、ソムリエ定型のお作法を崩しても、
時間内にサービス(客のグラスに注ぎ提供する)を終わらせていた。
ソムリエナイフを使わずにキャップシールを手でむき、
品質確認のためのテイスティングを省略してすぐに客のグラスに注ぐ。
制限時間内に収めることの加点が他よりも重要だと判断したのだろう。
時間内に終わったのは3人の中で彼だけだった。

優勝は他を圧倒してパオロ氏だったように見えたけれど、
3人とも、さすが世界で戦っていると感じるすごさがあった。

競技中から優勝をたたえる拍手の瞬間まで、とてもいい時間だった。

* * *


ここからはちょっと余談。

bl-20131218s_g_023194.jpg

これはテイスティング課題で出されたお酒の一覧。
注目はワイン以外の酒(スピリッツ)のリストの一番上。LA TOMATO japonというやつ。
日本のメーカーが出している、国産トマトを使ったリキュールだそうだ。
日本開催だから清酒が出ると思ってヤマをはってきた選手が多かったようだけれど、
出題はなぜかこれ。あてられるわけない。トラップ問題という扱いなんだろうな。

そのLA TOMATOというリキュールを出しているのは、実はある有名なお酒も売っている会社。
せっかくの日本開催なんだから、個人的にはぜひそっちを出してほしかった。
「電気ブラン」ってやつをね。

Weblog Menu
タイトルリンク
ハムスターたちのページ  >  飼い主Dailyメモ  >  2013年12月の記事のまとめ