miminagusa.jp

2012年03月17日 (土)

独り立ち、大きくなーれ

3月に入って2週間が過ぎ、流氷の氷も緩みはじめたようです。
赤ちゃんたちは親離れの時期。

生まれて、まるまるプクプクと大きくなって、体力もつけて。
最後に泳ぐことを覚えて、独り立ち。それまで約2週間。
溶けていく流氷にあわせて、親との時間も終わりも近づいてくる。


流氷の上での生活も終盤にさしかかる頃、
母アザラシは、あからさまに赤ちゃんの気を引くようにしながら、その身を海へと促す。
赤ちゃんは、気がつくと、海にぽちゃり・・・。
初めて海に入って、うまく泳げない赤ちゃん。
時に泳ぎをサポートするように、時に守るように寄り添うお母さんアザラシ。
そんな光景が広がります。

アザラシの赤ちゃん泳ぎの練習
初めて泳ぐ赤ちゃん、寄り添うお母さん


赤ちゃんもいろいろで、余裕たっぷりに泳いじゃう子もいれば、
息継ぎがうまくいかず、おぼれそうに「ふぎゃっ!!」って言いながらがんばる子もいたり。

アザラシの赤ちゃん泳ぎの練習
ふぎゃっ!!

がんばれー!


そして、もう数日もすると、赤ちゃん特有の白い毛も抜けて、グレー色の若いアザラシ色に変わっていく。
おなじ空気の中、人が一緒にいられるのも、流氷のあるこのあたりまで。


アザラシの赤ちゃんの楽園 miminagusa.jp
みんな、一人前のおとなになって、そして、またこの楽園で会おう。
それでは、また来年!


(アザラシたちの様子は、2005年、2007年の写真から構成しました)

Weblog Menu
タイトルリンク
ハムスターたちのページ  >  飼い主Dailyメモ  >  個別記事「独り立ち、大きくなーれ」