miminagusa.jp

2005年10月25日 (火)

美人アザラシ!!!!!

ひろお水族館のクラカケアザラシ。クララちゃん。(サイトトップの写真中央。)
この子の目鼻だちのすっきりした感じに、ものすごく新鮮なものを感じた。
はやい話が一目惚れ。クラカケアザラシ。見てみたい。


調べてみると、

・成獣の体の模様が由来で「鞍掛け(くらかけ)」アザラシという。英名はRibbonSeal。生息はおもに日本の北の方あたり。

・常設展示している水族館はなくて(一般で野生を見る手段もあるわけなくて)、目の前で見られるのはクララちゃんのように保護されたときくらい。(え?)

・ところが、ひろお水族館は今年で閉園になってしまうらしく、オフィシャルWebサイトによれば、保護している子を自然にリリースする今年12月あたりでWebサイトクローズ、園自体は11月3日でおしまい。(え!!!)

こまった。なんとなくアザラシでWeb巡回していたところで、とんでもない情報を仕入れてしまった。


行くしか…………。


----
アザラシサイトをひとつご紹介。
ちびごまこれくしょん、ちびごま さん。
アザラシグッズのコレクションを公開されています。
マドレーヌ島に通うようになる前からブックマークしてあったりするサイトです。おすすめ。

(今日の巡回は「ちびごまこれくしょん」さん経由「ひろお水族館」でした。)

2005年10月23日 (日)

新しいページを公開します

携帯メールを使って更新するブログを作りました。
情報が新鮮なときのアップロードは書いてる方が楽しいので、
雑談だったり実況だったり、頻度はともかく、やってみようかなと思ってます。

「飼い主Keitaiメモ」。このブログの分室みたいな感覚です。
URL: http://miminagusa.jp/keitaimemo/

このページのサイドバー(「DIRECTORY」のところ)に、リンクと更新日時を表示するようにしました。
新しくなってたら、のぞいてみてもらえると嬉しいです。

-----
これを機に、3つあるブログの更新日時もそれぞれ表示するようにしました。
ブログが更新されるとその日時を自動で記録するような仕組みになっています。

[↑詳細↑]
表示してる文字列は画像。URL不変。ブログの更新通知を受けると、サーバー側で画像を生成・上書きする処理が走るようにした。いわゆる「更新Pingサーバー」を自作。

2005年10月16日 (日)

テオブロマ

bl-20051016a.jpg
寄り道でテオブロマ。
クロワッサンを買うだけのつもりが、なぜかイートイン。
[リンク] テオブロマ  @富ヶ谷


bl-20051016b.jpg
ブリオッシュのセット。一緒に出てきたベリーソースがおいしい。
こういうのはやっぱりその場で。


「ここはチョコ屋さん。」
「目の前においしいベリーソース。」


お行儀悪そうなのは目をつぶる(つぶってもらう)ことにして、
ケーキを早めに出してもらうことにした。

濃厚チョコとベリーソースのパン。相性最高!!!
(すいません。)

bl-20051016c.jpg
豪快な味のチョコレートケーキ。


ボンボンとオランジェットしか食べたことなかったテオブロマ。
今回初めてのパン&ケーキ、かなり満足。

ちょっとお昼に

bl-20051016d.jpg
スリランカフェスティバルで、
bl-20051016e.jpg
キーマカレー。


↑これを思い出して、
bl-20051016f.jpg
ちゃんと混ぜた。


bl-20051016g.jpg
コットロティというらしい。これもカレー味。

2005年10月10日 (月)

真夜中のカクテル屋

カクテル講座に通い出したことで、このところ落ち着いちゃっていたカクテル遊びがまた楽しくなってきた。スクールの話は全8回分あるのでまたそのうち書くとして、ここでは今さっき作ってみたもののメモを。


bl-20051010a.jpg
古都音 (改)

「ことね」。かわいい名前のカクテル。
金沢にあるお店のオリジナルなんだとか。
-----
グリーンティー・リキュール 25ml
ウーロン茶 40ml
生クリーム 1tsp
アマレット 1/2 tsp
抹茶パウダー 1/2 tsp
クラッシュドアイス 少々
→これらをミキサーにかける。
-----
あいにくうちにはミキサーがないのと、抹茶パウダーを切らしていたのとで、上の4つの素材だけを使って、ミキサーのかわりにシェイクしてみた。氷はシェイクに使ったものを取り出してグラスへ。…と、作ってみたのが上の写真のもの。

素直に、これ、おいしい。
すごくすっきりとしていて、変な引っかかりもない。
オシャレに飲んでもいいけど、くちなおしカクテルとして食後に一杯という感じでもいけそう。アルコール度数的には7%くらいか。


bl-20051010c.jpg
グリーンティーリキュール、ジャポネ・抹茶。
抹茶カルーアだけの用途しか考えずに買っちゃって、結局使いあぐねていた。でも、ウーロン茶とあわせるだけで使えるのなら、ちゃんと消費できそう。(「このリキュール+ウーロン茶」で「照葉樹林」というカクテルもあるらしい。)


bl-20051010b.jpg
次。「マインド・イレイザー」。
(いやーな感じの名前だ…。)
--------
ウォッカ 40ml
コーヒーリキュール 25ml
ソーダ 適量
→そのままビルド。
--------
これ、単純に「ブラックルシアン」のソーダ割り。
コーヒーを味わいながら“ゆっくり”飲む「ブラックルシアン」が、ソーダが入ったことでペプシみたいな口当たりになっちゃってる。でもアルコールは強いまま(28%くらいかな)。アメリカ発といわれて納得できちゃう、ごついカクテル。
個人的には、ソーダ入れるくらいなら普通にブラックルシアンの方がおいしいと思った。


最後はドン・ジョバンニ。(写真無し)
-------
モーツァルトチョコレートクリームリキュール 30ml
アマレット 10ml
ホイップクリーム 少々
→シェークしたのちホイップをのせる
(普段使わないシェーカーの出番が多くてびっくり…。)
-------
モーツァルトがないのでゴディバを使い、
ホイップは横着して生クリームのフロートに変えた。

結果、すっきりしすぎたチョコレートドリンクという感じで、少々物足りない。
ゴディバではなくてモーツァルトの甘ったるさが必要だったのかもしれない。


bl-20051010d.jpg
ゴディバのリキュール。ビックカメラで買うと安いです。

以上。
(出典:花崎一夫、自分でつくるおいしいカクテル、永岡書店)

2005年10月08日 (土)

写真に署名

Webに載せる写真に署名を入れることにした。
画像の中で余計な主張するのは嫌いなんだけど、いろいろあって、しかたなく。

bl-20051008.jpg
というわけで、こんな感じ。手書きしたのをスキャンして加工した。
花びら5枚の花は、みみなぐさ(のつもり)。

2005年10月03日 (月)

チョコひさびさ

bl-20051003a.jpg
うぁー…と立ち止まった。場所は渋谷。
この手の展示方法(ひたすらたくさん置く方法)って、最近多いような気がすると思った。
ディスクに眠ってた写真。タイムスタンプは9月12日。
----


チョコ。

今年前半のとんでもないハイペースを埋め合わせるかのごとく、というか訳あって後半は意識的にスローペースにしている。たまに解禁、そのときはやっぱり好きな物を。



bl-20051003b.jpg
ショコラフランボワーズ、JEAN-PAUL HEVIN、578-。
ここのチョコと果物。完璧に調和したら無敵かもしれない。

あれ、でも、エヴァンはオランジェットとパンプルムスが自分の好みとちょっとずれてるんだよな…。
まいいや。

このケーキ今回初めて。「たまにだから好きな物を」なんて言っておきながら、食べたことないところをしっかり埋めていった自分が笑えた…。


もういっこ。
bl-20051003c.jpg
Andalousie(アンダルジー)、オリジンーヌカカオ、471-。

むせかえるほどのチョコだったり、ときどき粉っぽさを感じるほどの甘さだったり、良くも悪くも豪快なオリジンーヌカカオ。ケーキの好みとしてはトップ下(?)くらいに位置するのだけれど…、これはおいしいかった。レモンクリーム&チョコ。
さわやかさも豪快??


しかしこの2店。同じエントリー内で並べると、チョコ好きにもちょっとしたストイックっぽさが見えてくるような。
気のせいか。

Weblog Menu
タイトルリンク
ハムスターたちのページ  >  飼い主Dailyメモ  >  2005年10月の記事のまとめ