miminagusa.jp

2006年10月17日 (火)

引退されますか。。

bl-20061017-fr5_442.jpg


「勝てるかなぁ、でも、凱旋門獲ったらそのまま引退もあるかもね」などと、
フランスに行く前にちょっと気の早い話をしたりしてた。
だから、寝耳に水なんて状態ではないのだけれど。

獲らずとも引退だそうで。

次のヨーロッパの大レースっていったらまた来年になってしまう。わからないこともない。
おつかれさまでした。

さて、どんな仔馬が生まれてくるかな。


bl-20061017-fr5_433.jpg

写真は2枚とも、レース直後、引き上げるディープインパクト。
ささっと撮って拍手。


関連記事: 凱旋門賞 結果 (2006-10-2)

2006年10月12日 (木)

ホワイトレディ

ひさびさに振った。

キッチンでカッカッカッカッ!!とやってさくっと飲み干した。
ちょっと飲みたいってときはそれでもいい。

このシンプルなカクテル、何度も作るうちに、いつのまにか好きになってしまった。
半年前、必死になって振っていたときに題材としていたカクテル。

かつて、ジンはあまり好きではなかった(ウォッカが好きだった)けど、
いつのまにか好きになったこのカクテルはジンベース。不思議なもんだ。
ちなみに、うちで使っているジンは、プリマス(PLYMOUTH)というイギリスのもの。

2006年10月08日 (日)

リプレイ

bl-20061008a-fr3_126.jpg

凱旋門賞。帰ってきてすぐ録画してあった映像を見て、
その後も、いろんなテレビ番組でやっているのを見て…、
見るたびに言葉がないというか、なんというか。
馬は無事に帰国したようで、それがなにより。

いつのまにか国民行事になってたんだね。びっくり。
でも、サッカーなどと違ってわかる人がすくないからか、くだらない評論があふれないのは嬉しい。
いや、生で見て自分の中に確固たる物があると、いらん情報はスルーしやすくなるのかな。


(写真はパリ市内)

2006年10月06日 (金)

帰ってきました

bl-20061006a-fr3L-022.jpg

何はともあれ無事に帰国しました。

旅先からまともにチョコの話を書いてなかったので、
今回はチョコ関係の写真を。。

チョコやさんは2日間で10件近くまわって、
そのうち(しまっちゃってたりしたのを除いて)
8件のお店に入ってみた。

華やかで見てるだけでとろけそうになるようなお店から、クールを決め込んでいるお店まで、雰囲気はいろいろ。でも、どこに行っても基本的においしかった。

上のタイトル写真は、LADURÈEのショコラ店舗。隣のケーキとマカロンの売り場とカフェには人が殺到しているのに、ショコラ売り場だけは静か。こんないい雰囲気なのに!!ボンボン1個1ユーロ。


bl-20061006b-fr3_505.jpg

JEAN-CHARLES ROCHOUX。今回まわったなかでも特別おいしいと思ったお店。ひさびさに、チョコレート一口食べて「うおあ!!!きたーーー!!!」って感覚が突き抜けた。


目標だった「ボンボンをひとつひとつバラで選んで買う」というのも何とか達成。お店をまわるうちに、バラでほしいときは、はっきりと「サシェ(袋で)」と言えばいいことも覚えた。

細かい話はあとでまとめページを作るつもり。


bl-20061006b-fr4_050.jpg

これは…まぁ、まぁ、そういうことで。
狙った訳じゃないのに衣装と雰囲気がぴったり。
買ったチョコレートの記録をしつつ、ホテルの部屋でささっと撮影。

置いてあるチョコは、人形の左手の隣から画面時計まわりに、
Richart, Christian Constant, Rochoux, LADURÈE。

2006年10月02日 (月)

凱旋門賞 結果

bl-20061001as-5_0378.jpg

bl-20061001am-5_0378.jpg bl-20061001d-5_0420.jpg

直線でかわされるなんて考えられない…。

3着。

でも、堂々たる3着。
走り方には余裕すら感じて(最後は負けちゃったけど)、
観ていて惨敗する気配は微塵もなかった。

うまくはまらなかった、ということなのかなぁ。

1枚目: 残り200付近
右下: かわされてからは、ゴール来るな!って。

待っている間、何度もディープの勝利を想像してはわくわくしてた。
レース途中の雰囲気で、もうこれは絶対勝った!!って、思ってゴールを待ったのに残念…。


衣装や帽子など、昔の貴族っぽい噂をよく聞いていたけれど、実際は
競馬を本当に楽しんでいる、だからおしゃれもしていく、そんな感じのところだった。
当日は、これ以外にもG1レースが5つあって、とても華やか。
勝ったジョッキーをたたえるシーンもすごく様になっているというか・・・。
詳しいロンシャンの雰囲気etc...はのちほど。


bl-20061001e-5_0320.jpg

ディープインパクトの馬場入場。
誘導馬もエレガント。


(現地時間 10月2日 08:15 これからホテルをチェックアウト)

2006年10月01日 (日)

凱旋門賞の日の朝

とうとう当日。これからロンシャンに向かいます。

昨日は有名な競馬新聞はどこへ行っても売り切れでした。
探し歩いて別のをやっと手に入れました。

今のパリの天気は曇り。雨降りそうです。
ここ2日間夕方雨が降りました。
昨日はものすごい雷雨。

雨の量的には多くないので、日本の感覚だと
まだ芝は良馬場だと思うけれど、、どうだろう。

重馬場がネックとかささやかれるディープインパクト、
そんなことは関係なかったといって、終われれば最高。

(現地時間 10月1日 09:30)

Weblog Menu
タイトルリンク
ハムスターたちのページ  >  飼い主Dailyメモ  >  2006年10月の記事のまとめ